彼女の友達が風俗嬢だった

風俗嬢のご奉仕テクはマジで凄い

僕は1か月ほど前に結婚したばかりなので家に帰れば愛妻がいる。僕が疲れていない時は毎日のように嫁とエッチなプレイをしているし充実した生活を送っているつもり。でも、数日前に会社の飲み会があって先輩たちが風俗関連の話をしていたので何となく気になった。すごく真面目そうな先輩たちが風俗嬢やデリヘル嬢の話をしていて、嫁や子供がいる人たちなのにエッチなプレイを楽しんでいると言っていた。今は嫁とうまくいっているし欲求不満出ないから先輩たちが悪く見えるかもしれないが、話を聞いてみると何となく興味をもって一度だけデリヘル体験をしてみたくなった。そして、仕事が終わってからスマホでデリヘルを予約して街中のホテルで風俗嬢と待ち合わせをした。嫁が十分に可愛いので他の女性にときめかないだろうと思っていたけど、風俗嬢と顔を合わせた時にすごく可愛かったのでびっくりした。そして、部屋に入ってからプレイしてみるとご奉仕テクがすごく上手くて感動した。

女性画像

ご奉仕に慣れている風俗嬢のエッチテク

俺は毎日オナニーをして性欲処理をしている。決まった時間になると肉棒が敏感になってすぐにフル勃起していた。恋人ができた時、初めは彼女がフル勃起した肉棒を見てすごく喜んでくれた。嬉しそうに肉棒をしゃぶってくれて、しっかり精液が無くなるまで吸い出してくれた。でも、ある程度エッチなプレイをしてからは俺の肉棒をウザく感じるようになったらしく、性欲処理が原因でお別れすることになった。毎日のように彼女の体を味わいながら性欲処理をしていたのでオナニーでは物足りなくなり、結局仙台でデリヘルを頼んで風俗嬢にきてもらった。風俗嬢なら簡単に性欲処理をしてくれるだろうし、デリヘルならお金だけの関係で済ませることができるから射精して時間が終わったらすぐに帰ってくれる。射精さえできれば女には必要がないし、俺にとってすごく都合のいいシステムだった。実際に性欲処理をしてもらうと恋人とは比べ物にならないくらい気持ちがいいし、やっぱり慣れている人にやってもらうのが一番いいわ。
[駅ちか]人気デリヘルランキング&検索は仙台エリアエリアをほぼすべて掲載済み!

笑顔に癒されるぽっちゃり風俗嬢の神髄

笑顔がかわいい子って、やっぱり素敵ですよね。僕は風俗嬢を判断する基準として、笑顔が良いかどうかを見ています。自宅に呼んで、入ってきてくれる時に笑顔だったら、そのまま使います。その他、トークしてみて笑ってくれる子とかはリピートする確率も高いですね。ただ、最近はそういう子自体が多くなってきたから、選別しなくても十分に楽しめることも多くなってきました。先日のぽっちゃり風俗嬢は、とにかく笑顔がかわいい子だったんです。そういう子の笑顔を見ていると、こちらまで幸せになってきますよね。デリヘルの子って、もっと大人びていることが多いかなって思っていたのですが、意外と子供っぽいところもあって、その点も良かったです。和気藹々で楽しくプレイできたのも、個人的には良かったかなって思いますね。プレイ自体はスタンダードなものですが、あれなら飽きずにプレイすることができるだろうなって思います。使ってみたい方は、まずはぽっちゃりな子から。

文句を言わずに気持ちよくしてくれる風俗嬢

俺の性欲は一般女性が受け止めるとしては強すぎるらしく少々厳しいらしい。自分ではこのくらいムラムラするのが当たり前だと思っていたけど、女性から見るとムラムラしすぎなタイプらしく何回も性欲処理なんてできないと言われた。でもね、俺は思うんですよ。性欲処理と言えば言い方が悪いですけど、俺だって彼女の敏感なところを舐めたり愛撫するんだから彼女だって気持ちよくなるはずなんです。だから、彼女にとってもすごく... この記事を全部見る

巨乳美人に惚れない男はいないはず

巨乳美人な風俗嬢がやってきたのですが、その子に惚れそうです。僕はもともとデリヘルとかをよく使っているのですが、風俗嬢に惚れることはありませんでした。そもそも割り切って使っていたから、惚れるという要素はどこにもないんです。しかし、先日のデリヘル嬢はとても性格が良くて、しかも巨乳で美人。そんな子に惚れない男はいないと思います。それでいて僕のことをしっかり気持ち良くしてくれるんだから、天使以外の何者... この記事を全部見る

初めて泊まりの出張先で

僕はネット通販をメインにしている会社で物流部門に配属されていました。発注状況に合わせて出荷準備したり在庫管理をしたりするのが主な仕事でしたが、最近会社からバイヤーの仕事を覚えるように言われて取引先へ出張する機会も増えてきました。これまでは日帰りで行けるところばかりだったのですが先日、初めて泊まりの出張を経験しました。早朝から取引先へ行って契約に関してはスムーズな話ができて業務的には大成功でした... この記事を全部見る